f:id:ryugaku0429:20170617203851j:plain

※上記は優雅にアメリカを散策していた頃の写真です。アメリカが恋しくなってます。

 

どうも、現役留学生のマサです。


アメリカの大学の夏休みって、クソ長いんです。

 

日本の大学の夏休み8月〜9月約1ヶ月なんですけど、

 

アメリカは5月の末〜8月末までの約3ヶ月なんです。

「え、めっちゃいいやん!」って思う方おられるでしょう。

でもね、これには落とし穴がありまして。

 

 

留学生は、やることないのでその期間日本に帰ってくるわけです。そして、私はど田舎の実家に帰ります。

帰ったら、速攻友人にLINE。

 

「なぁなぁ!留学から帰ってきて夏休みや!毎日遊ぼうぜ!」

「は?なにゆーてるねん、俺らまだ学校とバイトで毎日忙しい、無理じゃ」

「え」

 

そう。日本の学生は、私達留学生が暇な時に忙しいのだ。

留学生は八月まで夏休みですが、日本の学生は八月から夏休み。

  

(´;Д;`)完全に入れ違いやん。泣

 

 

スポンサードリンク

 

留学生と日本の学生は、オリヒメとヒコボシ

日本の大学は、

4月〜7月/夏休み/10月〜12月/冬休み/1月〜2月/春休み/

のサイクル。

 

対してアメリカの大学は

8月〜12月/冬休み/1月〜5月/夏休み

という流れ。

 

留学生と日本の学生が会えるは、冬休みの1ヶ月のみ。

日本の大学生が夏休みに入る頃には、留学生のほとんどは渡米しています。

 

田舎に住んでいて、さらに友人が上京していたのなら、なお地獄。

地元には誰もいないまま、3ヶ月間の生き地獄が始まるわけですわ。 

誰のことかって?
俺だよ。

 

夏休み期間中の留学生あるある

 

さて、そんな夏休みの間によくある留学生のあるあるを紹介していきます。 

 

①インスタの更新が止まる

 

アメリカのきらびやかな写真ばかり撮っていた人の更新が、ピタッと止まります。

 

だって、田舎にいておしゃれな写真が撮れるわけないだろ泣泣

 

②太る

 

「日本に帰ったから痩せてアメリカに戻ってくる!」

と決心して日本に帰る留学生の多いこと。

しかし、帰国し、日本食の美味しさとヘルシーさに感動してバカ食いする留学生があとをたちません。

本当にね、日本食って世界一美味しいんですよ。しかもヘルシーってね。

 

「今じゃなきゃ食べられないから!!」➡︎「ヘルシーだから大丈夫」➡︎「バカ食い」➡︎「日本に帰ったのに太る」➡︎「さらに太ってアメリカへ」

 

③金銭感覚が狂っていたことに気づく

 

留学すると、金銭感覚が狂います。留学中は息しているだけでお金がとんでいくので、1000円($10)とか2000円($20)とかだと、

「全然おっけーはいクレジット」

って……ね汗

 

日本に帰ると、いかにその金銭感覚が狂っていたのかに気付きます。

 家族と再会した時や、友達とご飯に行くと思います。

「毎月20万くらい使ってたわ」

「一回の飯で5000円ってやばかったな……」

 

④「メイクが濃くなったね」と言われる

 

これは女性限定あるあるです

 

アメリカの女の子と、日本の女の子って、全然メイクが違うんですよ。

私も詳しくはわからないんですけど、

アメリカの方がメイクが濃く、セクシーさを意識しており

日本メイクが薄く、キュートさを意識しています。

 

石原さとみから、水原希子に変わるのです。

 

 

暇を持て余した私は、現在少しでも英語力をあげようと必死です。

今も昔も、使っている参考書がこちらです。TOEFL Test はCDが付いていて使いやすく、実践的な学びができてとても良いです。

 

さて、夏休み。

長いぞ。

 

ブログとゲームと英語の勉強くらいしか、やること思いつかないわ。